英語の発音

英語をやるのであれば何に気をつければ良いのでしょうか?

英語を覚えることはもちろんですし、基本や文法にも気をつけていかなければなりません。

学校で習う英語は主にこの2点を重点的に気をつけながら英語を学ぶことが多かったでしょう。

しかしこの英語の覚え方はあくまでも英語を覚えて受験で受かるための英語の覚え方であり、実践で使うための英語では無いのです。

英語でむしろ一番重要なのは発音なのです。

なぜ日本人が英語が苦手なのかというのは発音の違いが原因です。

日本語は低く英語は高いので聞き取ることが苦手だと感じます。

発音ができる定義というのは聞き取ることができた音を発音することができるようになります。

つまり聞くことができなければいつまで経っても英語を使いこなすことができなく発音はできず苦手意識と戦うことになるのです。

なので実践的な英語を覚えていきたいと考えているのであればまずは発音から重点的に覚えるのが良いです。

発音教材を活用することができるようになれば英語力を飛躍的にアップさせることができるようになると考えられます。

ですがそれでも英語は苦手だと感じる人は多いですので自分の趣味と一緒に英語に感心を持つことから始めるのも良いかも知れません。

例えば海外ドラマを字幕で見たり、洋楽を聞いたり英語と馴染みを深めることを考えてみることが大切です。

英語と日本語をどちらが日常的に使うのかと言われれば英語よりも日本語でしょう。

とにかく英語は習うよりも慣れる戦法で前にも言ったように、継続して英語を覚えることを考えるのがとても大事になってくるのです。

継続力さえ身につければ英語を覚えるためにも発音はどんどん良くなり慣れることができるようになりますから英語を頑張るためにもまずは発音から定着をさせていきましょう。

このページの上へ